« 幼保一体化で「子ども園」に? | トップページ | 耳が聞こえない赤ちゃんでも6ヶ月まではあ~う~と発音! »

赤ちゃんはどのようにして言葉を覚えるのでしょうか?

乳児がことばを話す前に、耳から言葉を聞くことから始めなければいけないわけですが、

いつ頃から言葉を耳にすることができるのでしょうか?

音を耳にするということと、話し言葉の意味が解かると言うことは異ななりますが、

まず人間は、音を耳にしその後何回もその音を聞くことで「意味ある言葉」として理解することができるらしい。

母親が胎児に話しかけると、胎児の心拍数が上がり話し終わると下がると言う実験結果から教育・心理・言語学の専門家、デラウエア大学教授のロバーター・ミチニック・ゴリンコフ氏曰く、7ヶ月の胎児の時期から母親の会話に耳を傾けていると言います。

生後4日には、母親と他の女性の声を聞き分け、生後2週間くらいで父親と他の男性の声を聞き分けることができると言われています。

恐るべしですね!胎児の時から話しかけたり、本を読むことも良いらしいですよ。

勿論この世に生まれ出てからも目を合わせて、話しかけることも大切になりますよね。

« 幼保一体化で「子ども園」に? | トップページ | 耳が聞こえない赤ちゃんでも6ヶ月まではあ~う~と発音! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503420/50038231

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんはどのようにして言葉を覚えるのでしょうか?:

« 幼保一体化で「子ども園」に? | トップページ | 耳が聞こえない赤ちゃんでも6ヶ月まではあ~う~と発音! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ